So-net無料ブログ作成

【菌融庁検査2016 vol.7~萌ゆる秋~】11/4 [キノコ]

CIMG6923.JPG




上記は少し遅かった、ナメコ。 ^^



菌融庁入庁の際、最も興味のあるキノコは「どいつだ!」

極めたいキノコは「何?」、「種類は?」


千差万別、より取り見取り?であり、その時の時勢流行もあり、昨今だと「子嚢菌スクール」が活況を呈している。


アミガサタケ(モリーユ)が人気が高いのもあるが、ほとんどのキノコは担子菌門であり、子嚢菌のキノコは少なく、しかしカビ等はほぼ子嚢菌に属する為、学術的な研究余地、特に医療分野でのアカデミックさを発揮する。著名な水虫菌などは、子嚢菌である。



反して、昔から一番人気なのがモエギタケスクール。通称「萌えスクール」である。

「萌えぎたけ」、から由来?する。 ^^;

モエギタケ科のキノコ達は選ばれし精鋭が揃っている。

ナメコ、チャナメ、サケツバタケ、その他ヌメリスギタケ系全て。クリタケもそう。また著名な麻薬原料植物2種も有しているのが、萌えスクールなのである。

藪山で格闘やらの採取の危険を伴う菌種では無い為、また大群に出会えた時の採取時の「お喜び」はまさに「萌えぇ~!!!」であり、特に女子に人気が高い為に、馬鹿な男達もつられて、入信。

結果、人気が高いのだ。 ^^



-----------------------------------------------------------------------------




CIMG6924.JPG
ナメナメちゃん。良い状態。 ^^



CIMG6928.JPG

CIMG6929.JPG
虫食いも無い、ムキタケが揃う。




CIMG6935.JPG

CIMG6936.JPG

寒のヒラタケも出て来た!この濃い深みのあるグレーが最高に、旨い!!! ^^





CIMG6938.JPG

CIMG6939.JPG

尽きること無い ・・・ ナメコの群れが、のら人を襲い続ける ・・・ 。 ^^





CIMG6940.JPG

あぁ~ ・・・ 猛毒ニガクリも沢山生えてますよ。 ^^





CIMG6942.JPG

CIMG6945.JPG

素晴らしい天気。眺めと紅葉も最高です! ^^




CIMG6946.JPG

クリタケはほとんど流れていたが、超大群を発見!
しかし、凄まじい大群なので5分の1程度の収穫に止める。 ^^;
後程、久々に「クリタケオイル」を作ります。





CIMG6947.JPG

ナメコが上下ムキタケにサンドウィッチされて生えてます。 
仲良しなんですねぇ。 とても、愛くるしい光景でした。 ^^




CIMG6949.JPG

もう、採りきれません。許してください!  で、来週ですな、これらの幼菌は。残置決定!(笑)





CIMG6950.JPG

素晴らしい、池?を取り巻く風景。





CIMG6951.JPG

ナラタケの幼菌が未だに・・・。 まだまだキノコ狩りのシーズンが、「これからである!」事を明示しております! 早まらないでくださいねぇ! 諦めないで下さいねぇ! ^^





CIMG6952.JPG

比較的状態の良い、ウスヒラタケで、フィナーレにしました。

森に踏み込めば、幾らでも収穫が増える「山」でした。

恐ろしい潜在力のある「山」でした。

お腹一杯で~す! ^^






さて、帰宅して何時もの様に、美味しいごはん、の時間です。 ^^

今シーズンのテーマは庶民的にお金を掛けず! がテーマです。

まぁ、皆様既にお気付きですね。 ^^;




CIMG6955.JPG

クリタケと玉ねぎの炒め物。

先ずは、最初にクリタケを「油通し」します。やり方は幾らでもありますが。のら人流のご紹介。
フライパンにクリタケをてんこ盛り。その後そのフライパンの深さの4分の1から5分の1の量のサラダ油を入れます。クリタケは、まぁ水で洗いますし、キノコの丹念な水切りは難しい為、油跳ねを防ぐ意味合いで、この方法で弱火点火!
徐々に加熱してきたら、いつの間にか、油の海にクリタケが泳ぐ状態に。この辺りは中火で。

10分位グツグツさせた後に、油きりします。 この油はビンに保存して後々色んな料理に使えます。
クリタケのエキスは水よりも油に抽出され易いと思います。

フレンチシェフ!?のら人流で言い換えれば、「クリタケのコンフィ」ですな。

これならば、あまり汁モノでは美味しくないクリタケも美味しくなります。

そして素晴らしい風味を伴った、クリタケオイル、を是非! ^^

その後は当のクリタケは野菜と一緒に炒めれば、とても美味しい一品となりますよ。
今回は、オイスターソース炒め、ね。 玉ねぎも合うし、他の野菜やお肉なんかと合わせて炒めても当然、旨いですよぉ~。 






CIMG6956.JPG

やはり、年に一回は「ヒラタケご飯」ですね。 これも、まいうぅ~! です。 ^^
今回は、ヒラタケとウスヒラタケを使用しました。

ガブガブ!? 食えますよ! 箸は止めたくとも止まりません! (笑)







さて、今回も存分な「狩り」でした。

まだまだシーズンは「IN」したばかりですので、皆様も頑張ってくださいねぇ!



(*´Д`)ノ~~☆:.・*.See.:you.:♪・*.:(´Д`*)ノ~~☆




nice!(12)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 14

tochimochi

子嚢菌?担子菌?
さっぱり分りません ^^;
菌融庁も奥が深いですねぇ。
しかし何処に行けばこんなにたくさんのナメナメちゃんやヒラヒラちゃんに出会えるんでしょう。
紅葉も楽しんで充実の一日でしたね。
おっとさらに料理があるんですね。
ヒラタケご飯は涎ものです ^^

by tochimochi (2016-11-06 17:55) 

のら人

tochimochi様
子嚢菌と担子菌はキノコ(菌)の基本要素です。
お勉強しているうちに、あぁ~そうなんだぁ~!みたいな程度で、キノコ狩りを主にする一般人には無関係ですよ!(笑)
日本海側に行けば、幾らでも採れます。
しかし、そうでなければ昨今は難しいのがナメコの現状です。
ムキタケは太平洋側でも生えます。ヒラタケは立派なモノを所望するとしたら、やはり日本海側が宜しいでしょう。 ^^
by のら人 (2016-11-06 18:43) 

majyo

今日はキノコのキの字も見当たりませんでした
採取したのは皆倒木?に付いているのですか?
ナメコちゃん、立派です
ヒラタケちゃんも立派です。
それでご飯ですね。
クリタケはオイルになるのですか
フレンチシェフもこのような素材は無いです。 
あなたは立派なシェフですね\(^o^)/
by majyo (2016-11-06 20:26) 

のら人

majyo様
探すとなかなか見つからないのがキノコですね。^^;
今回採取したのは、「全て!倒木か立ち枯れ木」ですよ。
まだまだ美味しいキノコのシーズンですね!^^
by のら人 (2016-11-06 20:41) 

kuwachan

秋、たけなわですね~^^
今回も大満足の「狩り」だったご様子で良かったです。
ここで超がつく新鮮なキノコを見せて頂いているので
スーパーのキノコがどうも色褪せてみえます(笑)
ヒラタケご飯、おいしそ―です。絶対おかわりだろうな~。
by kuwachan (2016-11-06 21:27) 

Jetstream

キノコマイスターどの、大収穫でしたね。 茸のシーズンで、山や里でハンターを見かけます。
クリタケと玉ねぎの炒め物、食べてみたい。(笑) いろいろとコツがあるんですね。 山から麓を見下ろす眺めもいいですね。 !(^^)!
キノコとりは、バリの経験がものを云いますね、あとカンでしょうね。
by Jetstream (2016-11-06 23:38) 

nousagi

ガブガブ?
止まらない?
大変、キノコだけならヘルシーでしょうが
また(?)ダイエットにいそしむことになりますよ。(笑)
by nousagi (2016-11-07 14:52) 

のら人

kuwachan様
そうです、たけなわですね。^^
そしてこれからです!
萌え、季節は。
ヒラタケご飯は好きな方が多いです。
裂いて天日干ししたヒラタケは更に絶品になりますよ。
by のら人 (2016-11-07 22:07) 

のら人

Jetstream様
キノコマイスター、と言う正式な資格がある筈です。^^;
自分は受けませんが。・・・確か凄く受験料が高い!(笑)
クリタケは油と相性が良く、油と相性の良いモノは水(汁モノ)とは相性が悪いと思われます。多分、タマゴタケやチチタケやハツタケ、アカモミタケら食感ボソボソの類も油と相性が良いでしょう。
キノコは食欲が強い人が勝利しますよ! ^^

by のら人 (2016-11-07 22:15) 

のら人

nousagi様
ガブガブ、行って下さいな! ^^
炊きあがった米を、自分は150g以下しか食べません。1食辺り。
なので大丈夫です。今年は順調にダイエットが進んでいます。
まだまだキノコはこれからが本番です!
頑張りましょう!
by のら人 (2016-11-07 22:20) 

mikipom

ムキタケに包まれたナメコがなんてラブリーなんでしょう(うっとり)。
こんな条件にぜひ会ってみたいもの。なかなか日本海側にきのこハントに出かけることがままならず(年1回の山形遠征のみ)、ししょうのブログに垂涎しておりますよ。
「きのこマイスター」という資格があるんですか?知りませんでした。
また、クリタケはししょうは「またがれる」ものだとばかり思っていましたが、たまには採るんですね(・∀・)ニヤニヤ 油と相性がいいんですか~。クリタケはいつも美味しく調理できずにいたので、今度は油でやってみます!(パスタとかでも?)
by mikipom (2016-11-07 22:48) 

のら人

mikipom様
このナメコ可愛いでしょう! ^^
是非行ってみてくださ~い。
マイスターは栽培されてるキノコの知識などで、あまり我々には関係無いですね。キノコ検定の方が役立ちますよ。
たまには、クリタケも採りますよ。思い出したように。(苦笑)
チチタケと茄子を多めの油で炒めるのと同じ要領です。
一回思い切って油通しすると、より美味しく召し上げれますよ。
by のら人 (2016-11-09 10:25) 

伊閣蝶

興味深い学術的な解説まで頂き、また、こんなにたくさんのキノコの画像で、拝見するだけでお腹いっぱいになってしまいました。
というより、「羨ましい」がほんねですね。
とりわけ「ナメコが上下ムキタケにサンドウィッチ」の画像には萌え~です。

by 伊閣蝶 (2016-11-09 12:37) 

のら人

伊閣蝶様
いえいえ、大した知識でも無く、受け売りですよ。^^;
ちょっと、距離を走りますが、その分収穫は期待できます。
この日はほとんど歩いてません。
歩かなくとも、採れる! この凄さ、ですね。
今週末も、同エリアに行きます! ^^
by のら人 (2016-11-09 20:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。