So-net無料ブログ作成
検索選択

【菌融庁検査2016 vol.3】直近3週 [キノコ]

CIMG6779.JPG


CIMG6780.JPG



見事なマスタケの大群。 ^^

食べられます。一度は是非ご賞味を。





-----------------------------------------------------------------




CIMG6783.JPG


CIMG6786.JPG

ココの山は「きんちゃん」の山であった。
上記「キンチャヤマイグチ」の事を自分は親しみを込めて「きんちゃん」」と呼んでいる。
綺麗なオレンジ色がかった傘の色と、黒点ブツブツの柄の対比がファニーな感じで面白い。

状態の良い幼菌が大量に生えていた。
自分はこれよりずっと小型のヤマイグチは基本的に食べないが、コレは時々食べる
大型で「ズシリ」と重く、1本も食べれば大満足に匹敵する。味は温和。柄がシコシコ食感。
持ち帰り傷付いた箇所は黒くなるが、火を通すとまた元の白に戻る。
カンバ林にお住まい。 8月終わり頃は是非どうぞ! ^^




CIMG6785.JPG
サクラシメジモドキ。食。




CIMG6790.JPG
ツガタケ。食。



CIMG6791.JPG
サンゴハリタケ。食。



CIMG6800.JPG
ムカゴイラクサのムカゴを撮って見た。
アイコ同様若芽は食えるが、このムカゴを食した記録は見た事が無い。





さて、次は先週の菌達。




CIMG6802.JPG
ケロウジ。不食。



CIMG6806.JPG
ぼけているが、手前オウギタケ、後の2個はアミタケ。典型的な生え方。どちらも食。




CIMG6807.JPG
オオキノボリイグチ。食。




CIMG6803.JPG


CIMG6804.JPG

シャカシメジの小株。こういうのは採らないで残しておく。胞子を拡散させて翌年以降の事もちゃんと考えましょうね! ^^



CIMG6801.JPG
釈迦の大株だが超幼菌。
これは次週の為に・・・。次週に賭ける。果たして1週間生き延びられるのか???



そして翌週 ・・・




CIMG6818.JPG

CIMG6817.JPG

立派に成長していた。タバコの長さは10㎝だから15㎝程度の高さはある。大物である。
虫食いも全然ない。最高の大物。1kg以上だ。




CIMG6809.JPG
ナラタケ。食。



CIMG6810.JPG
タマゴ。2個。食。



CIMG6811.JPG

CIMG6812.JPG
ブナハリタケ。食。黄色いのは別の寄生菌かな?ヒポミケスキンかラシオスファエリア属の一種か。





CIMG6813.JPG

CIMG6814.JPG

CIMG6816.JPG

ブナシメジ。食。





CIMG6819.JPG

CIMG6824.JPG

また、シャカシメジの幼菌を2株残しておいた。
上は大物。下は運良ければ中物にはなるだろう。

来週も期待大!!!である。 毎週毎週菌界で最も好きな「シャカシメジ」の捕り物が出来るのは、大変幸せな事である。 ^^




CIMG6826.JPG
車中より。
栗の木下で逃げない群れ。
赤ちゃん、分りますか?





CIMG6831.JPG
早速、ブナハリタケと釈迦シメジの天ぷらを藻塩で・・・。




CIMG6832.JPG
釈迦シメジご飯。味付け無し。で、まだ食べません。




CIMG6833.JPG
シャカシメジご飯の上に、たっぷり!と釈迦シメジと牛肉の白ワイン煮込みを乗せて、自家製紅ショウガを少々。

で、「天然シャカシメジダブル牛丼」が完成!



CIMG6834.JPG
必ず!!! 吉野家謹製のお茶碗を使用する事。ココがポイント。






さてさて、まだまだ続く菌融庁検査。

途中経過報告でした。 ^^



☆⌒(*^-゚)ノ~♪see you again♪~ヾ(゚-^*)⌒☆




nice!(19)  コメント(16)  トラックバック(0) 

nice! 19

コメント 16

Jetstream

キノコの山ですね。 食といっても、これだけ多くのキノコ 取捨選択も腐心されるでしょう。
マスタケの群生は見事ですが、味はどうなんでしょう?
シメジごはん、味付け凝ってますね、おいしそう。 !(^^)!
天ぷらも藻塩でいただくのも乙なもんですね。
by Jetstream (2016-09-18 17:35) 

majyo

天ぷらを藻塩で食すことだけ同じです
しかし、あとは・・・・・ 
イソギンチャクみたいな釈迦シメジですが、知らない方多いでしようね
来週はきっとありますね
葉っぱかなんかで隠しておくのですか?
窓からの猿 可愛い 最近見ていないです

by majyo (2016-09-18 19:13) 

tochimochi

更新が途絶えてると思ったら菌融庁の集中査察でしたか ^^
ほんとにキノコは奥が深いですね。
キノコ師の博識に驚嘆です。
きんちゃんはちょっと食べる気になりませんが、シメジはいいですね。今回の丼物のレシピは生唾ものです。


by tochimochi (2016-09-18 21:28) 

kuwachan

グリム童話にでも出てきそうな可愛らしいキノコがいっぱいですね!
見たことのないキノコばかりです^^
サンゴハリタケってこれ食べられるのですか?
天ぷらもしめじご飯もどちらも美味しそう、ゴックンです(笑)
by kuwachan (2016-09-18 21:32) 

伊閣蝶

関東地方はずっと雨勝ちでしたから、キノコの方はどうかなと思いましたが、こうして記事を拝見すると、さすがにキノコの生命力に驚かされます。
中でもシャカシメジには感動!
センボンシメジなどといって、見つけると飛び上がって喜んだものですが、人によっては美味しくない、という感想もあるようで、私にはちょっと信じられません。
ケロウジ。結構、コウタケと間違える人がいるそうですが、コウタケはよほどのことがないと見つけられませんし、大きさも風格も段違いですね。
私は試したことはありませんが、ケロウジのザラザラで体を洗う、などという話を聞いたことがあり、これは眉唾物でしょう。
by 伊閣蝶 (2016-09-19 16:13) 

のら人

jetstream様
取捨選択です。
ほとんどの見つけたキノコは数で言えば、食べられないキノコ。
80%以上ですかね。 ^^
マスタケは意外と旨いです。キノコに味順位を付けられる程度のキノコ師は美味しい順にせいぜい2、3種類しか持ち帰りません。故に、「食」でも取らないキノコが増えるんです。
by のら人 (2016-09-19 20:42) 

のら人

majyo様
藻塩を天ぷらに特に有効ですね。^^
甘味があり美味しいです。
イソギンチャク? 確かに言われてみればそんな感じですね、幼菌は。
そうです!葉ッパで隠しておきますが実は関係無いです。丸々一週間、実は誰もこの場所に踏み込んでいなかったのです。(笑)ココのサルは逃げないですね。かといって餌をネダラナイ。都会の鳩よりマシで可愛いですよ。
by のら人 (2016-09-19 20:47) 

のら人

tochimochi様
そうです!集中査察 ・・・ 「中」です。
ですから、まだまだ大忙しです。^^
いえいえ、「きんちゃん」こそ!実は初心者に食べて頂きたい一品です。
が、カンバ林しか生えません。結構標高が高いですし、時期も8月下旬~9月初旬ですから、もう終わりですね。
暫くは、丼モノレシピで行こうかな?と思ってます。(笑)
by のら人 (2016-09-19 20:53) 

のら人

kuwachan様
童話の世界?
そうです!キノコは西洋東洋問わず、歴史文学に登場する英雄?なのです。^^;
サンゴハリタケですね。味は大したことないです、正直。
コリコリした食感が良いですね。しかし、それ以上にこの種のキノコは次々と抗がん、抗インフル等々の薬効が発表されています。ハナビラタケが良い例です。長生きをしたいのならば、是非! ^^
by のら人 (2016-09-19 21:16) 

のら人

伊閣蝶様
千本は、特に長野で呼ばれる呼称ですね。^^
美味しい事この上なし!です。
風味的にはホンシメジがかなりの環境悪化により生えなくなったので、今後は数少ないシメジ族の中でも釈迦シメジに頑張って頂きたいです。畑シメジもシメジ族ですが、味的に一歩劣りますね。^^;
ケロウジは、匂いが結構コウタケに似てるので、味が苦い点だけの違いなので、結構チャレンジャーがいますね。(笑)当たる事は無いから安心してチャレンジ出来るみたいです。
by のら人 (2016-09-19 21:23) 

ひろたん

まだまだ続くキノコ・・・
楽しみです。
見たことがないキノコに癒しを感じます。
特に卵・・・
変わっていますよね。スーパーにもあったらいいなぁ。
そんな気持ちになりました。
丼に天ぷらでお腹がすいてしまいました^^;
それにそれに自家製紅ショウガですか。
ますますおいしそうですね。
by ひろたん (2016-09-20 13:01) 

のら人

ひろたん様
まだまだこれからですよ!キノコは。 ^^
癒しですか?
癒されてください。 ^^;
丼モノには紅ショウガですね。
関西の人は紅ショウガ好きですしね。自分も好きですが。
美味しいですよ。是非!
by のら人 (2016-09-20 20:18) 

お名前(必須)

針葉樹あり、広葉樹あり、倒木、立ち枯れあり、きのこにはよさそうな場所ですね。
きんちゃんがたくさんある山?1回くらいしか見たことないですね~。初めて見つけたとき、あまりの気味の悪さに無条件でスルーしてしまいました(笑)。
シャカシメジも見たことないです。美味しいんですね?センボンっていうくらいですから株に密集するようですね。
ブナシメジもよさげな一群!これも保存ですか?
ブナハリの黄色い寄生菌、「ヒポなんちゃら」やら、「なんちゃらリア属」なんてスラスラ(・・・か?)出てくるあたり、さすがししょう~!
赤ワイン煮の牛丼!おいしそう~(よしぎゅうマークのどんぶりはどこから入手すれば?)

by お名前(必須) (2016-09-21 22:23) 

mikipom

ごめんなさい~,上のコメント名無しで送ってシマイマシタ。
mikipomでした~
by mikipom (2016-09-23 23:14) 

のら人

mikipom様
分ってますよ。(笑)
きんちゃんは特に北海道のキノコ師に人気がありますね。
物凄い重量が一気に採れるので、塩蔵等貯蔵方法に気を使えば一年中食べられそうです。
釈迦シメジはホンシメジと同等の風味です。食感も同じ。但し最近ではホンシメジは大量に取れなくなりました。故に、一回で大株が取れる釈迦の方がメンドクサガリ屋の自分には都合が良いのです。^^;
それと最近の研究の結果、菌の旨さは「旬」、または「成長過程」にあると言う結論を導き出しつつあります。今回のブナシメジ。ハッキリ言ってメッチャクチャ旨かったです。物凄い芳香を放っていたからです。これは傘が開き胞子を拡散し始めたMAXの状態で食べてからのようです。正直、今までのどのキノコより旨かった、は言い過ぎですが、結局、胞子拡散MAXのキノコが一番旨い、との結論です。。^^
by のら人 (2016-09-25 18:43) 

のら人


あと、吉野家のこれはどんぶりではなく、お茶碗です。^^;
これは店舗によりキャンペーンをやっていて、数週間中に7回食べれば貰えます。
また、赤ワインを入れても良いのですが、白ワインこそ!を絶対に入れなければ吉野家の味にはなりません。これは重要ポイントですよ。^^


by のら人 (2016-09-25 19:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: