So-net無料ブログ作成
検索選択

【菌融庁検査2016 vol.2】8/20 [キノコ]

CIMG6762.JPG




今回は北に向かえば天候も良さそうだったが、キノコ本番を前にして、「沢や山如き!?」で散財している余裕は無い! ^^;

今の時期、近場で「美味しい実利」を得ようとするならば、選択肢は二つ。

針葉樹林か広葉樹林か。もしくはどちらも行くか。

とりあえず、ありきたりの「お山」へ向かった。




------------------------------------------------------------



さて、今年は早いのか遅いのか?


ズバリ、少し発生が早いですな。 ^^

まず、お山では、鬼ナラタケが既に終わってました。 ^^;

勿論、まだ生えてくるかもしれません。部分的な発生なのかもしれません。

関係者に探りを入れたところ、8/19にMを入手したとの事。まだ5合目ですな。


この時期、広葉樹林帯ならば、チチタケ、トンビマイタケ、ポルチーニモドキ系、タマゴタケ等が狙えます。

針葉樹林帯ならば、ポルチーニ、ハナビラタケ、ショウゲンジ、タマゴタケ、等が狙えます。


共通しているのは、タマゴタケだけですね。 ^^

思い出してみれば、昨年、ショウゲンジを食べなかったので今年は先ずショウゲンジを食したく、針葉樹林。天候次第気分次第でその後、ブナ林にも行こうと考えましたが、結果雨足が強くなり針葉樹林だけを攻めてきました。
故に、冒頭の写真はショウゲンジですな。 ^^





CIMG6765.JPG

さて、ドクドクしい。そう、まさに毒。 ^^
ドクヤマドリとフジウスタケ。





CIMG6766.JPG
無残なヤマドリ(ポルチーニ)。
鹿喰い!ですな。鹿公!許さん! ^^;
その他2本見ましたが、こちらは虫食い。><
第一陣は終了でしたが、雨次第でまだ「第二陣発生の乱」が来るでしょう。期待いたしましょう!
キノコ師は常に前向きに発想致します!(自分の都合の良いように) ^^





CIMG6769.JPG
愛らしい双子のジプシー(正源寺)。


CIMG6770.JPG
抜いた!の図。 ^^




CIMG6772.JPG
とにかく、触らない様に致しましょうね。(爆)






CIMG6773.JPG
これは実はあまり持ち帰らない。今回は3本持ち帰り。





CIMG6774.JPG
今回のショウゲンジ(正源寺、 Gypsy Mushroom)の収穫。






CIMG6776.JPG
タマゴタケを名前のイメージだけの発想で、オムレツの具にする人が多い。
自分は天ぷら以外、洋風煮物にする事が多いが、今回バターソテー後、オムレツの具にしてみた。
正直、柄に変な雑味があり、あまり美味しいとは思わない。傘はいけるが。
天ぷらだとこの柄の変な味が旨味に変わるのだが・・・。 ^^;





CIMG6777.JPG
正源寺と鳥の炊き込みご飯。

旨い!旨すぎる! 何杯でもお代わり可能! それだけ・・・。 但し2合しか炊いてません。(笑)






串打ち3年、裂き8年、焼き一生。


とは、ウナギ職人の事である。



ならば、キノコ職人は?!

さて、ここからが本番?ですね。 ^^




「タマゴ3年、クリ8年、シメジ一生。」



私ならばこう答えますね。



先ずは、キノコ初心者から初めたら、向こう3年間は自分で採取したタマゴタケだけ!しか食べてはいけません! (笑)
タマゴタケだけを無心?で探して下さいませ。食して下さいませ。



ハイ、次。 ^^

その後の8年間。結構長いですねぇ。(爆)

この間は、「クリ」だけを追い掛けましょう!


クリタケとクリフンセンタケ。

クリタケの天敵?であるニガクリタケは自分も未だに「おやっ?」って事があるくらいで、非常に似ている猛毒菌です。故に、生で少し齧り「苦み」を感じるかを名人中の名人と言われる人でも未だに繰り返して判別しています。


クリフウセンタケには似ている猛毒菌はありませんが、如何せん似ている不食菌が沢山あります。
クリフウセンタケを極めれば、膨大な数ある「フウセンタケ一族」を網羅出来る事でしょう。
因みに、今回沢山採ったショウゲンジは「フウセンタケ科」の菌ですよ。

大丈夫! 8年もやれば。 ^^  フウセンタケを極めるこの期間は、人間界では中学校、高校、に相当するかもしれません。大事な期間ですので、頑張ってください! (笑)





最後に「シメジ一生」。


シメジは非常に難しい菌種です。

簡単なものから未だに学術的に不明な菌まで、様々。

キシメジ科とシメジ科を分けて学習するだけでも膨大な時間が掛かります。

因みに、M様はキシメジ科の菌です。


しかぁ~し!!! 

このシメジ族に辿り着くまで、3年 + 8年 =  11年  掛かりますですよ。 (爆)


時間が掛かる程に、愛おしさ?を感じませんか?

そう ・・・ それが、LOⅤE!キノコ!


コレ以上難しい事は言いません。  後は是非!!! しか言いようが無いですな! (笑)





ヽ(*・∀・)**SeeYou**(・∀・*)ノ






nice!(25)  コメント(18)  トラックバック(0) 

nice! 25

コメント 18

majyo

きのこ関係は、まったくダメだけど
>向こう3年間は自分で採取したタマゴタケだけ!しか食べてはいけません! 

はい、これなら出来そうです
タマゴダケは 見たらわかる
これはいつごろまであるのかなあ? 季節は?
最後の3本持ち帰りのは見た事ある様な

よく転がっているキノコがありますが、あれは獣類?

by majyo (2016-08-21 19:56) 

のら人

majyo様
タマゴタケは梅雨から秋まで断続的に生えてます。
是非、お毒見を! ^^
3本持ち帰りのが、タマゴですよ。
転がっているキノコは獣では無く、ほとんどが人為です。
心無い無知な人間が食べもしないのに抜いて放置するんです。
そんな人間に限って高山植物保護を偉そうに歌います。(笑)
by のら人 (2016-08-22 04:31) 

テリー

キノコの世界は、別世界です。
キノコの種類は、わかりませんので、のら人さんのブログだけで、楽しませてもらいます。
by テリー (2016-08-22 12:07) 

kuwachan

これからは菌融庁の活動が活発になりますね^^
まっ、シロウトは手出しをせず、スーパーで買い求めるのが無難だと思われます(笑)
山でゲットするとしたら、やっぱりM様がいいですね。
シメジ、マイタケ、椎茸は買えますが、M様はちょっと手が出ないお値段なので(爆)
炊き込みご飯、とっても美味しそうです。
by kuwachan (2016-08-22 12:16) 

tochimochi

キノコに目覚めて3年探してきましたが、いまだに可食にお目にかかったことがありません。
このままだとタマゴ一生で終わりそうです ^^;
いつもながらキノコ料理がおいしそうですね~
私にはやはり縁のない世界と諦めかけてます。
by tochimochi (2016-08-22 12:44) 

nousagi

タマゴタケもなかなか見つかりません。
キノコのある山に行かなくてはダメなんでしょうね。
スーパーに走る方が早いですね。(笑)
by nousagi (2016-08-22 16:58) 

のら人

テリー樣
見て楽しまれて下さい(*^^*)
by のら人 (2016-08-22 18:24) 

のら人

kuwachan樣
炊き込みご飯にすると天然キノコは俄然美味しくなるんですよ!(・。・)
明らかに栽培品と違いが出ます。
本物の美味しさをお届け出来なくて残念です。
by のら人 (2016-08-22 18:31) 

のら人

tochimochi様
ネバーギブアップ!
諦めない事です。 ^^
諦めなければ、そのうちに爆釣するでしょう。
那珂のキノコ博士を訪ねてみるのも良いでしょう。
きっと、相談に乗ってくれますよ。
by のら人 (2016-08-22 19:30) 

のら人

nousagi様
ん?!
タマゴタケは先日見かけてますよね。
お連れさんがテイクアウトされたようですが。(笑)
タマゴタケ程度で宜しければ、高尾で沢山生えてますよ。
それも登山道脇に。 ^^; 高い運賃で有名な富士急に乗らなくとも全然手前でOKです。少なくとも自分は味!には煩い方です。その私が栽培品と天然モノはまるで違う!と力説しているのです。信用して頂けないのは悲しい事です。
by のら人 (2016-08-22 19:36) 

伊閣蝶

私の自宅近くの里山でもぽつぽつと見かけるようになりましたが、なぜがタマゴを全く見かけなくなりました。
それはともかく、「タマゴ3年、クリ8年、シメジ一生。」は明言ですね。
思わず膝を打ちました。
私自身、小学生の頃からなんだかんだとキノコ採りをしておりましたから年月だけはその域にあるのですが、とてもこの道を究めるまでには至りません。
まだまだ初心者だなあと、改めて痛感した次第です。
by 伊閣蝶 (2016-08-23 12:22) 

のら人

伊閣蝶様
いえいえ、恐れ入ります。 ^^;
伊閣蝶さんは自分などより、幼い頃から習得された、キノコや山菜。
決して、不埒な小生如きが追いつけるものではありません。
ご謙遜を! (苦笑)
しかし、天然のキノコ狩り人口は衰えを見せませんね。この日も雨の中合羽を着て挑んでる方々沢山いました。(笑)
by のら人 (2016-08-23 20:06) 

mikipom

ショウゲンジ、採ってないな~(笑)。
え~、炊き込みご飯おいしいんですか?
ショウゲンジって採るのは大好きなんですけど(スポッと抜け感がいいですよね)、味については今ひとつ難しく感じてました。
今度沢山採れたらやってみます、炊き込みごはん(鶏肉との相性がいいことは感じてました)。
「シメジ一生」、確かに。あれは手出しできません。
クリ8年中のmikipomでした。

by mikipom (2016-08-24 22:46) 

のら人

mikipom様
採ってませんか?ショウゲンジ。 ^^
ショウゲンジ含めたフウセンタケ科のヌメリの無いモノは、傘が開きだと、バサツキ食感です。これを解消するにはオイルで良く炒め水分を出して、仕上げに酒でフランベすると良いです。その後、炊飯器へ。で、美味しい炊き込みご飯が出来ますよ。鶏肉は全てのキノコと合いますね。鳥釜飯を想像すればお判りでしょう。牛肉も合います。但し牛と豚はシメジ系の方がより味の連鎖が繋がり美味しく感じます。ホンシメジは生える場所が独特で決まった植生です。なかなか、無いんですが、ピンポイントで狙う人がいますね。^^ それより味的には同格のシャカシメジか、畑シメジを狙った方が収穫量は増えると思いますよ。是非! ^^
by のら人 (2016-08-25 20:04) 

Jetstream

この菌融庁調査 見落としていました。 スイマセン!
大収穫。!(^^)! キノコを入り込むと奥が深そうですね。
ショウゲンジ、英語でジプシーなんて変わった名称!
炊き込みご飯、とてもおいしそうです。!(^^)!
台風一過の昨日ふらっと群馬、長野と新潟県境の山へ行ってきたんですが、キノコが結構ありましたが、登山道沿いは食べられないものばかりでしょう。
by Jetstream (2016-09-01 12:21) 

のら人

Jetstream様
そうなんです。なぜか占い師マッシュルーム。 ^^;
日本人の多くは和食が好きですから、やはり和食にキノコを合わせるとシンプルで美味しいです。
群馬長野新潟県境?
ならば、食べられるキノコが沢山生えていたと思いますよ。
昨日ならば。雨も降ったし。間違いないですね。
今年は少し早いので。(笑)
by のら人 (2016-09-01 21:04) 

ひろたん

みるからにドクドクしいキノコがありますね。
ここまでくるのには歴史が・・・
キノコ大臣様
それにしてもお料理をばっちりですね
美味しそうです^^
近くの山にはないような・・

by ひろたん (2016-09-06 06:43) 

のら人

ひろたん様
毒々しいですね! ^^
歴史はそれなりにありますよ。(笑)
キノコは、豊富な経験と情熱。そして導入時に如何に秀逸な師匠を持てるか、ですね。料理は普通ですよ。頑張りましょう!

by のら人 (2016-09-06 20:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0