So-net無料ブログ作成

【菌融庁検査2016 vol.1】7/23 [キノコ]

CIMG6605.JPG




今回は菌融庁検査 2016 の初回でございます。 ^^


ブログ名は「山」がテーマになってますが、「とっくに!」別の何か違うモノ?が主力テーマになっておりますので、間違えて当ブログにお寄りした方は早々にお逃げ下さいませ。(笑)


さて、今回も!?高尾界隈、そしていつもの尾根ですよぉ~。分かる方は直ぐに分りますね。

先ず、最初に見つけたのは「コガネヤマドリ」ちゃん。

全山!? 沢山、生えていました。 食毒不明菌ですが、自分は食べた事があります。

無味無臭。 美味しくも不味くもありません。

当たった人は聞いた事無いので、最悪の事態?になったら食べましょう。 ^^




----------------------------------------------------------------------------



CIMG6607.JPG

シロテングタケ。(毒) ^^




CIMG6608.JPG

アカヤマドリ。 大変美味しく、幸せを運んでくれる?菌ですよ。
5本程、状態の良い幼菌を発見!
傘がブツブツなので間違えることは無いかと思います。念の為、幼菌ならばヒダが黄色い事を確かめれば、猛毒菌のバライロウラベニイロガワリと間違えることは無いでしょう。最悪、先に紹介した少し似ているコガネヤマドリと間違えても、中毒はしませんので大丈夫。 ^^;
イロガワリの系統はヒダを傷つけると青く変色します。アカヤマドリは絶対に変色しません。
初心者が最初に食べる時は、必ずヒダを傷つけて変色しない事を確認しましょうね! ^^




CIMG6611.JPG

広葉樹林帯に生えていたので、コテングタケモドキ。(毒)





CIMG6612.JPG

シロオニタケ。たぶん、毒か猛毒と囁かれている。 ^^




CIMG6620.JPG


CIMG6621.JPG

ホオベニシロアシイグチ。
凄く巨大です。傘系25㎝級が沢山生えていました。ちなみに、食えます。
少し、酸っぱいです。 間違いやすい同族のイグチは今のところ無いですが、キノコ中級者以上の人しか食べませんので、素人はスルーが良いでしょう。 ^^




CIMG6622.JPG


CIMG6623.JPG

オニテングタケ。 食毒不明。しかしこの容姿からして、こいつを喰える度胸のある方は、未だにいないようである。 ^^




CIMG6626.JPG

ニガイグチ系統。たぶん、ブドウニガイグチかな? 食べません。 ^^




CIMG6627.JPG

一瞬、アメリカウラベニイロガワリかな?と思ってヒダを見たら黄色。故に、普通のイロガワリ。 
食べれますが、この系統も中級者以上の判断で。 ^^





CIMG6629.JPG

クロハツの典型例ですね。今ではクロハツも危うい?種族ですが、一応食えるみたい。 ^^
猛毒の「ニセクロハツ」ってのがあります。ニセクロハツは上記の様に傷ついた箇所が黒くならない。
どちらも傷ついたら赤くなり、その後食える方は黒くなる。この菌は未だに上級者向けですので、自分はどちらも一生食べようとは思いません。ってか、ベニタケ族のキノコは、チチタケとアイタケ、ハツタケ、アカハツ、アカモミタケ、しか食べない事にしています。悪しからず! (笑)





CIMG6632.JPG

ハナガサイグチ。食毒不明。とってもきれいなオレンジ色です。キノコには珍しい蛍光色ですよ。





CIMG6633.JPG

この様な布袋型の大型が沢山生えていたが、ミドリニガイグチの割には大物過ぎる気がするが・・・。
(とにかく、イグチの仲間は特に完璧に知らなければ食べないように! ^^;)






CIMG6634.JPG

CIMG6635.JPG

CIMG6637.JPG

CIMG6638.JPG

CIMG6639.JPG

CIMG6640.JPG

今回はタマゴタケが大爆発していました。
ちなみに、今回は1本たりとも採取していません。今回は味覚調査では無く、視覚調査です。 ^^
やはり2、3日雨が降り続くと一気!に出ますね、キノコは。




CIMG6642.JPG

途中ヒノキの植林伐採地後で休憩一服。伐採直後の場所で、檜臭プンプンで最高に良い匂いでした。 ^^




今回は今年最初の本格的な?菌融庁検査でした。

初心者が食べても良いのは、アカヤマドリとタマゴタケだけですが、沢山生えてましたから、是非! ^^

全部残しておきましたよ、採らずに・・・。  是非! (笑)

人の優しさは遠慮するものでは無いですよ。 是非! 

しつこいですかぁ!?

まぁ粘り強く?、続けていきますよ、啓蒙を。 (爆)



(○´ω`○)ノ**SeeYou**(○´ω`○)ノ




nice!(13)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 13

コメント 10

majyo

すごい、師匠はちゃんと名前と説明書きがある
当たり前だー
こちらは撮るだけ、これからも撮るだけ
しかし、タマゴダケはしっかり画像検索してみましたよ
これはわかりやすいです。卵が割れたみたいですから
今回の中では1個くらい、私の撮った中にあるように思います
撮るだけは出来る! これからも撮る
健気ですよね。落ち葉の下から持ち上げて自己アピールしていますから
by majyo (2016-07-24 21:41) 

tochimochi

菌融庁検査ですか~。
毎度のことながらさっぱり分りません。
タマゴタケはしつこく見させていただいてますから分ると思うのですが、いまだに私の前には現れてくれません。
今回は得意のレシピがないと思ったら視覚検査でしたか。
次回味覚調査を楽しみにしています ^^

by tochimochi (2016-07-24 22:14) 

のら人

majyo様
タマゴタケは是非覚えて欲しいキノコですね。
解りやすいです。似ているベニテングとの判別も簡単です。
それも奥山から身近な高尾や飯能辺りでも沢山生えてますよ。
菌は倒木や落ち葉を分解します。逆に言えば、これらを分解できるのは菌だけなのです。森の中で大事な役割を果たしています。
是非、お勉強いたしましょう。 ^^
by のら人 (2016-07-25 08:35) 

のら人

tochimochi様
そうです!1に検査、2に検査、3、4が無くて5に検査。^^
視覚検査です。
探せば必ず近くにありますよ、タマゴタケ。
自分の代わりに是非、味覚検査をお願い致します。
by のら人 (2016-07-25 08:41) 

kuwachan

今年も菌融庁の本格的調査始まりましたね^ ^
M様ゲットに向けて着々と準備ですか?
山入る際にはクマさんにはお気をつけくださいね。
雨が降ったおかげでうちのの庭ではキノコならぬ茗荷がニョキニョキ大豊作です。
by kuwachan (2016-07-25 08:50) 

のら人

kuwachan様
始まりましたよ。
Mですか?さて今年はどうでしょうか?
今回の感じでは昨年と変わらずの菌の発生状況ですので順調にいけば良いかもしれません。夏茗荷ですか?旨そうですね。そうめんにはミョウガですね! ^^
by のら人 (2016-07-25 17:46) 

nousagi

タマゴタケに似たので毒キノコはないですか?
やっぱり危なっかしいですよね。
素人はキノコには手を出してはいけません。
是非?
とんでもない!
ダメダメ!
by nousagi (2016-07-26 17:02) 

のら人

nousagi様
初心者が初めに鑑別できるのが、タマゴタケです。
簡単ですので、是非! ^^
このブログで何度も書いているので、判別法&特徴はあえて書きません。お勉強してから、是非ご賞味くださいませ。

by のら人 (2016-07-26 19:31) 

伊閣蝶

シーズン到来ですね。
こうして拝見しているだけで、私もうずうずしてきました。
それにしても、タマゴタケを一本もとらずに、訪れる(かもしれない)方のために残す大御心。
感服しました。
私だったら、ほかの獲物と一緒に、「やったあ!」なんていっちゃって採取してしまうことでしょう。

by 伊閣蝶 (2016-07-31 19:09) 

のら人

伊閣蝶様
到来ですね。
私もウズウズです。 ^^
高尾はタマゴタケの発生が多いです。
これは自分の経験則だけでなく、他者の記録を含めて言えます。
そして素人が最も判別しやすいキノコですの、残しておき初心者に是非!食べて頂きたいわけです。 ^^
by のら人 (2016-08-01 21:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0